使いやすく仕上がりがきれいなジョリパット

せっかく建てたい住宅を常にきれいな状態を維持したいと考えたときに、必ず行いたいことが外壁の補修と塗装です。外壁は雨風や砂埃そしてカビなどから家の内部を守るために存在しますが、その反面長い間雨風にさらされると外壁の素材が傷ついていきひび割れなどを起こしてしまいます。このひび割れをそのままにしておくと耐久度が失われることになり、雨風や砂埃そしてカビの胞子などを家に侵入させることになり家の劣化休んでいる人の健康被害にもつながります。そういった事情から外壁は大事なものなのですが、その外壁の補修と塗装において新しい材質が注目されているのです。その新しい材質というのが、プロだけでなく素人にも使いやすく仕上がりがきれいとされているジョリパットと呼ばれる材質なのです。

使いやすく仕上がりがきれいなジョリパットとは

このジョリパットとは現存の外壁にひび割れが起きたときに、その上から小手やローラーそして液状に近い状態にして吹咐をすることによって補修する塗料のことです。その正体は一般的な塗料の中に、外壁素材として使われているモルタル素材で使われている砂を混ぜて作るものを指します。これまで外壁の補修をする場合素材にあった補修剤を塗った後に、その家で塗装したい塗料を塗るという形を取ります。ただ補修剤を塗った後で乾かした後に塗料を塗るという形を取るので時間がかかると共に、塗料だけを塗る場合素材によっては弾いてしまうこともあるのと塗るという工程は塗る人の経験値が物を言うので上手く塗らないと簡単に剥がれてしまいとても難しいのです。そこでこういった問題を解消するために、あらかじめ砂を混ぜておくことによって補修剤を塗った後に塗るという工程を省くと共に砂を混ぜているのではがれにくいので素人でも塗装しやすいといえます。

実際に利用する前にメリットとデメリットを考える

使いやすく仕上がりがきれいなジョリパットとして注目を集めている外壁塗装の材料ですが、実際に利用する前にメリットとデメリットを把握することも大事です。メリットは先に言ったとおりに塗料として扱うので材質に関係なく塗りやすいことに加えて、塗料だけでは強度不足になるところを砂が接着剤の役割を果たすので耐久性だけでなく防腐防音そして防火性能が高いことが挙げられます。ただデメリットとしては砂を混ぜているので所々にくぼみがあり、その中に砂埃などの色素沈着が起きると汚れとなってしまうことがあります。さらに一般的な塗料よりも特殊な砂を混ぜていることもあり値段が高いことがデメリットです。ただデメリットに関しては、汚れの場合には高圧洗浄は向かないですがブラシで軽く洗い落とせば問題がないのと値段も10年以上使えば費用対効果で元は取れるのであまり問題ないです。