ジョリパットの魅力を徹底解説します

日本には、様々な塗材があります。最近は、装飾性塗材の人気が高まっています。装飾性塗材とは、塗り壁のことです。現在、様々な塗り壁が使われていますが、塗り壁で有名なのがジョリパットで、多くの工務店や設計事務所が採用しています。人気が高い理由は、価格が手頃なことと、品質の良さ、汚れにくさ、カラーバリエーションなど様々です。メーカー側のサービスが良いことも特長のひとつです。1975年に発売されてから、40年以上の実績があり、色や機能、仕上げの改良を重ね、塗材の世界をリードしてきたのです。自由度の高い意匠性塗材なので、デザイナーにも愛されています。100以上のデザインから選ぶことができ、80以上のカラーがあります。また、ローラーや吹き付け、コテなど、多彩な表現を行うことが可能となっています。

使うことで様々なメリットがあります

ジョリパットは、品質の高さで知られていますが、品質を支える優れた機能があります。弾力性が高く、粘りがあるため、下地の動きに追随することができます。また、低汚染性や不燃性などの機能があり、壁面の長期の耐久性が期待できるのです。美観維持を実現することで、建物の資産価値を守ることが可能となっています。環境にも優しく、ホルムアルデヒドの放散量も少ないです。ホルムアルデヒドの吸着と分解、調湿性能、消臭、抗菌など、建物に配慮した様々な商品が充実しています。ホルムアルデヒドは、家具や建築資材、接着剤などに含まれている化学物質で、目や気道に刺激を感じることがあり、濃度が高くなると呼吸困難を起こすこともあります。そのため、最近は、ホルムアルデヒド対策を行っている会社が多く、ホルムアルデヒドの放散量を確認し、放散量の少ないものを選ぶケースが多くなっています。

優れた機能を持つ塗材で家の価値を守る

日本では、機能性の高い塗材で家の価値を守る人が増えていますが、中でもジョリパットの評価は高いです。内外装の両方で使いたい場合は、汚れに強い機能をプラスしたタイプがあります。外装に使う場合は、退色がしにくい高耐候性タイプや、高親水性に優れたタイプ、低汚染タイプの人気が高いです。内装には、消臭効果と抗菌効果によって、部屋の空間をクリーンに保つタイプや、ソフトな手触りで室内の空気環境を向上させるタイプが人気です。天然の土を活用した深い質感と色合いを持つ天然土混合タイプも好評です。ジョリパットは、商品ラインナップから探す人もいれば、パターンラインナップから探す人もいます。また、人によっては工法ラインナップから探す人もいます。ホームページでは、詳しく絞り込んで商品を探すことができるので、とても便利です。